セラミド美容液の選び方

ホーム >  セラミド美容液の使い方と選び方   > セラミド美容液の選び方

本物のセラミドを選ぶ

セラミド配合と書かれていても、実際にはセラミドではなく、「セラミド類似物」であることが多々あります。セラミドSなどがそうです。

本物のセラミドを見分けるには、成分表にセラミド2、セラミド3、セラミド10と書いてあるものを選んでください。これらは通常化粧品に使われるセラミドとして分類されています。
また、数字が最後に書かれていないものの場合、基本的にはセラミド類似物であることが多いので注意しましょう。

セラミド類似物は、セラミドに近い働きをしますが、保湿効果はセラミドよりも劣ります。しっかりと保湿するためにも本物のセラミドを使いましょう。

セラミドは化粧水ではなく美容液で選ぶ

セラミドは脂質ですので、水にはほとんとせ溶けません。ですから、化粧水にセラミドが配合されているものはそれほどセラミドが含まれていないと思ってください。
またしっかりと保湿するためにはセラミドがたっぷり入った美容液が必須です。脂質であるセラミドは美容液かクリーム状になったものから選ぶようにしましょう。

セラミド美容液は1本3,000円以上のものを選ぶ

セラミド配合の美容液はどれもけっこうな値段がしますが、その理由は成分自体が貴重だからです。ですのでしっかりした本物のセラミドを十分に配合している美容液は当然価格も高くなります。

逆に安すぎるセラミド配合の美容液などは配合量が少ないほか、セラミド類似物がメインになっているものもあるでしょう。

価格だけの目安としては1本3,000円以上の美容液から選ぶようにするのがお薦めです。

保湿効果抜群のコスパNo.1美容液

92%の方が保湿効果を実感したお薦めセラミド美容液がディセンシアです。
ナノ化したセラミドによって高い浸透力がある上に5種類のアミノ酸も配合。
今セラミド美容液で一番のおすすめです。

まずはトライアルセットをお試しになって保湿効果を実感してください。

ディセンシア トライアルセットを購入する 1,470円(送料無料)

ディセンシア

ディセンシア
ナノ化セラミドが角質層の奥まで高密度にまんべんなく浸透、ポーラ研究所独自技術でさらにセラミドを逃しません。92%が満足したセラミド美容液です。

セラクレア

セラクレア
安全性は最高水準。ナノセラミドで高浸透を実現。角質層の奥までしっかり届いて保湿します。引き締め効果によるたるみ解消を実現した4つの成分を配合。

ヒフミド

ヒフミド
ヒト型セラミドをナノ化して高い浸透力で保湿するセラミド美容液セット。人気が高くリピーター続出、安定した人気のセラミド保湿美容液です。

セラミド美容液
セラミドの基礎知識
セラミド以外の保湿成分