セラミド美容液の正しい使い方

ホーム >  セラミド美容液の使い方と選び方   > セラミド美容液の正しい使い方

化粧水がセラミド美容液の浸透を助ける

肌の角質層は、外からの侵入を防ぐ働きをしているので、ただ何かを塗ってもなかなか浸透するはずがないのです。肌の水分量が標準である20%程度だとなかなか角質層よりも奥には入って行きません。

しかし化粧水でしっかりと水分補給してあげることで、一時的に肌表面の水分量が20%を越えます。すると角質層のバリア機能が一時的にゆるんで、セラミドが浸透しやすくなります。セラミド美容液の前にはしっかり保湿効果のある化粧水を使って水分補給をしてあげてください。

保湿美容液は多めにつけるのがベスト

セラミドなどの保湿美容液はベタッとするくらい多めに使うのがポイントです。ただし顔全体にベタベタつけるのではなく、乾燥が気になる部分に多めにつけ、額や鼻など乾燥がきにならない場所は多くつける必要はありません。
部分的に集中保湿する部分とそうでない部分をわけてつけていきます。

美容液が少ないと効果半減

美容液をつけたあとにちょうど良いしっとり感だと時間が経つにつれて乾燥してしまいます。乾燥しがちな部分にはベタっとするくらいつけるほうが効果的です。
乾燥が気になるのであればそこだけ二度塗りをするのも良いでしょう。
イメージとしては夜まで保湿効果が持続するだろうという感覚で塗ることです。

乾燥がひどい方へお薦めはポーラ研究所のディセンシアです。高濃度でしっかりと保湿してくれます。

ディセンシア トライアルセットを購入する 1,470円(送料無料)

ディセンシア

ディセンシア
ナノ化セラミドが角質層の奥まで高密度にまんべんなく浸透、ポーラ研究所独自技術でさらにセラミドを逃しません。92%が満足したセラミド美容液です。

セラクレア

セラクレア
安全性は最高水準。ナノセラミドで高浸透を実現。角質層の奥までしっかり届いて保湿します。引き締め効果によるたるみ解消を実現した4つの成分を配合。

ヒフミド

ヒフミド
ヒト型セラミドをナノ化して高い浸透力で保湿するセラミド美容液セット。人気が高くリピーター続出、安定した人気のセラミド保湿美容液です。

セラミド美容液
セラミドの基礎知識
セラミド以外の保湿成分